南アフリカランド スワップ

ランドを発行する国、南アフリカとは

南アフリカ共和国が発行する通貨、それが南アフリカランド(ZAR)です。現在の政策金利は7%と超高金利です。日本と比べて(0.1%前後)大違いですね…。

近年、BRICsに続くグループとして、VISTA(ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチン)として注目度を増しています。

また、2010年に開催されたワールドカップサッカーは南アフリカランドで開催されたことも注目を集めている一つの要因と言えるでしょう。

南アフリカ経済の特徴は豊富な鉱物資源です。特に最近価格が高騰している金の産出量は世界の半分を占めていることは有名ですよね。 そういった資源を背景に、21世紀に大きく経済成長が期待される国でもあり、必然的に南アフリカランドも上昇が期待できる貨幣ということが言えます。

南アフリカランドの最新スワップ一覧

FX会社名 買いスワップ 売りスワップ レバレッジ 詳細
DMM FX +10 -10 25倍
FXCMジャパン証券 +11 -16 25倍
外為オンライン +10 -15 25倍
マネーパートナーズ +8 -17 25倍
外為ジャパン(旧:MJ) +10 -10 25倍
IGマーケッツ証券 +6 -20 25倍
FXブロードネット +10 -16 25倍
FXプライム +6 -8 25倍
GMOクリック証券 +9 -12 25倍

※ みんなのFXは10万通貨単位からのお取引です

調査実施日:10月30日

南アフリカランドのスワップランキング

 GMOクリック証券 ★取引ツールが充実も魅力!

与信力NO1!一部上場の親会社をバックにスペックを充実

GMOクリック証券の特徴は、自社開発している取引ツールの「はっちゅう君シリーズ」、オリコンでの顧客満足ど調査で常に上位にランキング等があげられます。

また親会社はGMOインターネットグループで東証一部上場起用。資本金は業界でもトップクラスの30億円超としっかりとした財務体質が見て取れます。

 

最低証拠金
(初回入金)
通貨ペア スプレッド
(ランド円)
買いスワップ
(ランド円)
設定なし 14通貨ペア 4銭〜 9円

 

 FXCMジャパン証券 ★スワップの定番

スワップの定番ならココ!実績はNO1!

スワップ取引の定番、FXCMジャパン証券。ランドにおいても高水準を提供してくれています。 一時期、それほど高水準でもなかったのですが、また以前のような高スワップを提示してくれるようになりました。

また、中長期のスワップ取引のみならず、スプレッドおいてもドル円なら1銭〜と低水準! ただ、それ以外の通貨は高いのですが…。スワップなら間違いなくココです!

 

最低証拠金
(初回入金)
通貨ペア スプレッド
(ランド円)
買いスワップ
(ランド円)
設定なし 17通貨ペア 7銭〜 11円

 

 外為オンライン ★高スワップは勿論、取引ツールも充実!

「年間取引高3年連続NO1」は伊達じゃない!

高スワップ、低スプレッド、高機能ツールと万能型のFX業者と言える「外為オンライン」。 そのスペックの高さからスワップ取引をメインに考えた中長期トレードのみならず、短期トレードにも対応できます。

それらの総合力の高さが、FX初心者から上級者まで幅広いそうに支持を受けており、3年連続取引高No1に繋がっています。

 外為オンライン

最低証拠金
(初回入金)
通貨ペア スプレッド
(ランド円)
買いスワップ
(ランド円)
5,000円 24通貨ペア 14銭〜 10円

 

 DMM FX ★スワップは売り買い同じの1本値

スプレッドだけじゃないんです!

2009年夏からサービスを開始した「DMM FX」。ただ、新たにサービスを開始した訳ではなく、旧SVC証券を買収して、DMMのノウハウをオンしてサービスを開始しました。

「DMM FX」言えば、スプレッドが狭いことでご存知方も多いと思いますが、実はスワップにおいても高水準の値を提供してくれています。 後、特徴としてはスワップポイントが売り買い同じ額の1本値ということ。これって結構重要ですよ。

 

最低証拠金
(初回入金)
通貨ペア スプレッド
(ランド円)
買いスワップ
(ランド円)
5万円 12通貨ペア 3〜4銭 10円

南アフリカランドの魅力

高金利通貨の一つとして人気があるのが南アフリカランドです。 南アフリカはアフリカ最大の経済大国ですが、近年も年平均5%の経済成長を遂げ、海外からの投資が増大しています。 さらにそのことが南アフリカランドの取引を拡大し、市場での人気を高いものにしたのです。

この国の重要な輸出品はレアメタル(希少金属)や金といった鉱物資源です。 最近では、日本や中国などアジア向けの輸出が大きく伸びています。一般に、これらの相場が上昇する時には、ランドも買われるという関係が見られます。 なお、鉱山開発への海外資金の流入は今も続いており、また近年では、鉱物資源の高騰がこの国の経済成長に大きな役割をはたしました。

歴史的には、1995年の変動相場制移行後は、ほぼ一貫してランド安の傾向が続いていましたが、 南アフリカ準備銀行がインフレターゲット政策を導入してインフレの安定を目指した2002年頃より、 ランドも徐々に強くなって行きました。それには、同じ時期に金相場が上昇したということも関係しています。

→→ 人気FX業者の南アフリカランドのスワップ一覧はこちら

南アフリカ(ランド)に関する基礎知識